ハイゼットトラック

MK_gazou_コンテンツ内

こんにちは、MK(えむけー)です。

このページでは1960年よりダイハツが販売をしている、軽自動車規格キャブオーバータイプのトラック、ハイゼットトラックの特徴と買取査定相場についてみていきましょう。軽トラック界でもっとも長い歴史を持ち、何度もモデルチェンジをしながら売れ続けている、超ロングラン人気トラックです。

「ハイゼットトラック」の買取相場情報

経過年数 金額
5年 22.8 ~ 43.5万円
10年 0 ~ 48.2万円
15年 5.1 ~ 30.2万円

※査定金額はオートックワンのデータを参考にしています

福島でおすすめの
車買取業者をチェック

「ハイゼットトラック」ってどんな車?

ハイゼット
引用元HP:DAIHATSU公式HP
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/03_exterior.htm

軽トラックの概念を打ち破る

ハイゼットトラック最大の特徴は、軽トラック初の9種類ものボディカラーバリエーションです。

ライトローズマイカメタリックやミストブルーマイカメタリックといったポップな色が加わったことで、トラックの持つ男性的で硬いイメージを払拭し、女性でも運転が楽しくなるトラックの提案を実現。作業現場はもちろん、軽キャンピングカーとしての需要も高まっています。

ボディタイプも、標準の他に座席後部にスペースを設けリクライニングを可能にした「ジャンボ」や、頭上の空間を広くとった「ハイルーフ」など全部で6種類あります。

実用性No.1

商用車としての実用性もトップクラスであることがハイゼットトラックの最大の特徴。荷台フロアの長さは、SUZUKIキャリィと同じく2030mmと、軽トラックでNo.1。りんごのコンテナ×48個、みかんのコンテナ×54個、20Lポリタンク×40個を積載できる大容量のキャパシティーを誇ります

手袋をしたまま握りやすい大型ゲートハンドルや、長靴のままでも足をかけられる二台ステップなど痒いところにも手が届く嬉しい造りです。アッパーボディ表面の100%防錆化とともに、軽トラック初フロントパネル樹脂化により、飛び石の塗装剥がれからのサビも防げます。

「ハイゼットトラック」の買取相場まとめ

変則的な価格相場

ハイゼットトラックの買取査定相場額は、かなり変則的で読みにくい傾向があります。2年落ち最低額の50万円台以降は、2009年式〜2016年式の間で22万円台から31万円台を行ったりきたりします。必ずしも年式が古いほど価格が安くなるわけでもないので、複数の買取業者に査定をしてもらい、なるべく高く売れるようアンテナを張っておきましょう。

海外で需要高

ハイゼットトラックは新車セールスNo.1の軽トラックですが、新車としてはもちろん、中古車としての需要が高く、値下がりしにくい特徴があります。

国内だけではなく海外でも高値で取引されるため、「20年落ち」「走行距離40万キロ越え」など、他の車種では売却が難しいコンディションでも値がつきます。査定前に事前に最新買取相場を把握しつつ、海外輸出に強い業者複数に査定を依頼することで、高額売却を目指しましょう。

「ハイゼットトラック」のスペック

  • 製造会社:DAIHATSU
  • 排気量:660cc
  • 装備:SRSエアバッグ、エアコン、パワステ、UVカットガラス(フロントウインドウ)、プリントレザーシート、ウレタンステアリングホイール
  • 車載人数:2名
  • カラー:トニコオレンジメタリック、ファインミントメタリック、オフビートカーキメタリック、ライトローズマイカメタリック、ミストブルーマイカメタリック、ブラックマイカメタリック、ホワイト、ブライトシルバーメタリック
管理人のポンコツ愛車を
ガチ査定!
福島車買取専門店査定体験結果!

ナプロアース

30,000

       

ナプロアースに
査定を依頼!

廃車王

12,000

       

廃車王に
査定を依頼!

カーチス

0(状態による)

       

カーチスに
査定を依頼!

※査定額は一例です