ジムニー

MK_gazou_コンテンツ内

こんにちは、MK(えむけー)です。

このページでは1970年から生産・販売されている4輪駆動のオフロード軽自動車、SUZUKIジムニーの特徴と買取査定相場についてご紹介しましょう。40年以上に渡って軽オフロード車No.1の座をキープし続ける、「ザ・硬派」を貫き続ける車です。

「ジムニー」の買取相場情報

経過年数 金額
5年 53 ~ 84.7万円
10年 41.8 ~ 56.2万円
15年 20.5 ~ 25.1万円

※査定金額はオートックワンのデータを参考にしています

福島でおすすめの
車買取業者をチェック

「ジムニー」ってどんな車?

ジムニー
引用元HP:SUZUKI公式HP
http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/detail/?data=b

ワイルドな魅力

ジムニーといえば車両の姿勢や状況を把握しやすいスクエアボディと、降雪時にも雪がたまりにくい凹凸が少ないエクステリア形状が特徴です。現行の4代目モデルは丸型ヘッドライトにくわえ、ジムニーの伝統を守るより直線的で無骨なデザインが、他の車種にはない魅力。

インテリアも手袋したままでも操作がしやすい大きなスイッチは、オールドファッションなマシーンを連想させファンに嬉しいポイントです。オフロードSUVの典型といえるボディスタイルですが、車内フロントウインドウは視界がとても良く、天井の高さもあるので快適な運転ができます。

走破性の極み

ジムニーはシャシーとボディーが別体で、軽自動車の枠にとらわれない耐久性と最強の走破性を兼ね揃えた4WDです。エンジンの点火時やABSなど基礎的な部分こそコンピューターを使用していますが、それ以外は原始的と言っていいほどシンプルな造りの直結4輪駆動です。そのシンプルさと40年以上の実績が絶対的な信頼となり、類似の車が出ても常に根強い人気を保っています。

また全車に標準装備されている「ブレーキLSDトラクションコントロール」は林業の現場や雪道などの悪路でも、安全に走行できるサポートをしてくれます。

「ジムニー」の買取相場まとめ

緩やかな値下がり傾向

ジムニーの買取査定相場の特徴は、ほかの車種と違って緩やかな価格下降をすることです。ほかの車種にあるように、1回目の車検のタイミングの3年目で価格は大幅に下がるものの、それ以降は下降と上昇を繰り返します。

ジムニーは「本当に車が好き」な愛好家がたくさんいるため、常に高い需要がありいい値段がつきやすい車種です。車体を綺麗に保ち、コンディションがよければ古い型でも十分高く売れる可能性があるので、普段の乗り方にも注意しましょう。

海外でも大人気

ジムニーは海外でも非常に人気のある車種です。アジア・オセアニア・北米・ヨーロッパにも輸出をされていて、「Samurai」「Brute」「Stockman」など様々なネーミングで呼ばれています。日本車であり、車自体の耐久性や走破性も高く評価されているので、古いモデルでも中国・東南アジア・など道路状況がよくない国での需要が非常に高い傾向があります。

ジムニーを売る際は、海外に輸出ルートを持つ業者などに査定をしてもらうと、高値で買い取ってくれる可能性があります。

「ジムニー」のスペック

  • 製造会社:SUZUKI
  • 排気量:660cc
  • 装備:運転席・助手席SRSエアバッグ、デュアルセンサーブレーキサポート、エマージェンシーストップシグナル、4輪ABS、ブレーキLSDトラクションコントロール、オートライトシステム、ウレタンステアリングホイール、16インチスチールホイール
  • 車載人数:4名
  • カラー:ブルーイッシュブラックパール、ジャングルグリーン、シルキーシルバーメタリック、スペリアホワイト
管理人のポンコツ愛車を
ガチ査定!
福島車買取専門店査定体験結果!

ナプロアース

30,000

       

ナプロアースに
査定を依頼!

廃車王

12,000

       

廃車王に
査定を依頼!

カーチス

0(状態による)

       

カーチスに
査定を依頼!

※査定額は一例です